貯金を趣味に!

貯金を趣味にできたらいいなぁ

こうでなくてはならないという呪縛

 

f:id:jgg1:20170902184457j:image

 

※これはあくまで私の脳内メモのようなものです。

 独り言です。(笑)

 

 

 

人は人として生きていく上で無意識に

 

「こうであるべき、こうでなくてはならない」という

暗黙のルールに縛られて生きているのだと思います。

 

 

日本の教育はとても優れていて、

ちゃんとその教育は私たちの脳に刷り込まれていて、

深く、根強く、その概念は刻み込まれているのだと思います。

 

そしてその教育の結果は、決して悪いものではない。

とも思います。

 

 

でも時々、少し前から私の中に住むもう一人の私という哲学者が

本当にそうなのか?

そうでなくてはならないなんてことがあるのか?と

むくむくと起き始めて

疑問を投げかけてくるのです。

 

 

そんなことを考えるのは時間がありすぎるからかもしれません。

 

結婚してから、

子供を産んでから、

 

妻として、母として、

こうあるべき、こうなんじゃないか、

普通はこうなはずだ、

そんな思い込みとも言える哲学を何度も繰り返して

17年が経ちました。

 

 

末娘も小学2年生になり、

いわゆる手の離せない子はいなくなったから、そんなことを考えるのかもしれません

 

このまま子育てがひと段落して、

自分の人生を振り返ったとき、

このまま当たり前のように子供たちの成長や孫なんかを期待して、

健康に気を遣って

細々と暮らしていくのもいいけれど・・・

 

 

一度きりの人生、

守ってばかりで生きていくのもどうなんだ?

それってつまらなくない?

 

親になって守りに入りすぎて生きてきたのかもしれない!

 

母として子供の学校での知り合いなんかも増え、

役員もこなし、

周囲と合わせ、

目立たぬように、

もめないように、

近所での役割も、

ちゃんとこなして、

まじめに前向きに。

 

 

親としてはそれでよかったし、

正しいとは思うんですけど、

 

自分の人生、と言う意味ではこの17年は非常に正しく、

常識的に生きすぎてきたと思います。

家庭の中でも、T氏は家庭内では破天荒で、歪んでいて、その歪みも当たり前のように振りかざすし(外では超まじめ人間を演じきっている(笑))、いつも常識的にいるのは私の方で、いや、むしろ、私ぐらいは親として常識的でいないとと思っていたのかもしれないけど

間違いなく我が家の中で一番の常識人は私で。

私はそれでこのままでいいのかな?

 

もっと、わくわくしたい!

破天荒なことだって大好きだし!

刺激的な日常も味わってみたい!

行き当たりばったりの生活も楽しいと思う!

 

それは親をやめるとか妻をやめるとかではなく、

一人の人間としての人生を有意義に、

限りある時間を色濃く、生きたいと思うのです。

 

 

守りたいもの、守るべきものはある。

たくさんある。

それらを手放したり、追いやったり、いい加減に扱ったりはしたくない。

 

でも、私の人生をそれだけで終わらせたくない、

そんな気持ちもあるのです。

 

 

普通が一番かもしれない、

色々やってみても結局普通が一番、と思うのかもしれない。

 

でも、人生の中で、やりたいことをやれた!と思って終わりたい。

 

 

じゃぁ、何をしたいの?

 

 

それは・・・まだ答えが出ていません。

でも、日常じゃないことをしたいとは思う。

 

答えが出ないし、何かをし始める時期は今じゃない。

まだもっと先。

もっともっと先かもしれない。

 

実現できないかもしれない。

 

でも、今の私はそんな気持ちでいっぱいなんです。

いつもそんなことを考えている。

 

 

もうしばらくは今の生活を続けることになると思います。

まだ末娘は7歳ですから。

 

でも、私の構想や妄想は時間と共に大きくなるし、

実現させるためのものになっていくと思います。

そのための準備期間に入ろうと思います。

 

お金ももちろん必要ですし、

その野望のためにより一層貯金に力を入れていきたいと思います。

 

 

ファンキーな中高年になりたい。

 

家庭を持った以上、自分だけの人生ではないかもしれないけど

自分の人生、思い通りに生きてみたい。

 

いつかのその日まで、準備開始!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
にほんブログ村