貯金を趣味に!

貯金を趣味にできたらいいなぁ

父母からの入学祝い

f:id:jgg1:20170311070558j:image

 

長男が昨日、無事中学校を卒業しました。

これで、義務教育は終了です。

 

 

そして、予定していた通り、

アシスト付き電動自転車を購入!

 

 

 

目次

 

 

 

1.どこのメーカーのがいいの?

アシスト付き電動自転車というと

ブリジストン

パナソニック

ヤマハ

などのメーカーの自転車がありますが、

私が行ったお店にはヤマハとパナソニックのみでした。

入試が終わってみんな自転車買う時期になってきたからかなー?

ヤマハは車体が軽い

パナソニックはバッテリーの容量が多い

という違いがあるらしい。

山を登ったり下ったりするので容量が必要かな...

じゃあパナソニックかな?

 

 

2.バッテリーの違い

容量とは、付属するリチウムイオンバッテリーの容量のこと。

この容量が大きければ長く充電せずに走れるということらしい。

 

 

3.値段の違い

値段の違いはズバリ容量の違いらしいです。

我が家は山の上に住んでいるので

容量は必要だ!

 

 

4.運転モード

運転モードが3種類あり、手元の操作盤で切り替えられる。

オートマチックモード→走行条件により、アシスト力を自動的にコントロールする

パワーモード→常にパワフルなアシスト力で、坂道や重い荷物を積んでいるときでも快適な走行ができる

ロングモード→走行条件により、アシスト力を自動的にコントロールし、さらにアシスト力を抑え、1回の充電で長距離走行が可能

らしいです。

いろんなモードに切り替えて運転できる!

 

5.試運転させてもらうと

長男はスイスイすぐに慣れたようですが、

試しに私も乗らせてもらうとペダルに足を乗せただけで背中を誰かにすーっと押してもらっている感覚。

慣れないと怖いかも。(笑)

 

 

6.まとめ

結局、長男はパナソニックのバッテリー容量の多いビビDXというものを購入しました。

 

 

ちょっとした自転車保険にも加入して、登録もして、

104000円ほどの買い物になりました。

旧型で、アウトレット商品でもこの値段。

でも、良いものを長く大事に使って欲しいので、買えて良かった!

ちょっと前の私ならこれを買うお金すらなかったかもしれません。

よくやった!私!(笑)

高校生活で使うためのアシスト付き自転車、

乗り慣れてから通学に使って欲しかったので急いでの購入になりました。

卒業おめでとう。

まだ受かってないけど、とりあえずは高校生になることは確定しているので、

この自転車は父母からの入学祝いです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
にほんブログ村